Orario アプリケーション共通
利用規約

本規約は、株式会社Orario(以下「当社」といいます。)が提供する本アプリのご提供と会員のご利用の条件を定めるものです。本アプリを会員としてご利用いただくには、本規約をお読みの上、ご同意いただく必要がございます。

第1条 (定義)

  1. 「本アプリ」とは、当社が、当社が選定した大学ごとに製作する学務情報提供アプリ「Orario」シリーズを構成する各アプリを意味します。
  2. 「本サービス」とは、当社が本アプリを通じて提供する各サービスの総称を意味します。
  3. 「当社サイト」とは、当社が本アプリの提供に関連して運営するウェブサイト(http://www.orario.jp/)を意味します。
  4. 「登録希望者」とは、本アプリおよび本サービスの利用を希望し、登録の申込みを行った者または登録の申込みを行おうとする者を意味します。
  5. 「会員」とは、本規約に同意した利用希望者のうち当社から登録の承諾を受けた個人を意味します。
  6. 「会員契約」とは、当社と会員との間で締結する本アプリの利用契約を意味し、本アプリの利用規約も含まれます。
  7. 「Orario アカウント」とは、当社が会員に対し付与する、会員が登録手続に際して登録したユーザー名、メールアドレスおよびパスワードからなるアカウントを意味します。
  8. 「Orario Review」とは、当社が会員に対し提供する授業評価投稿用プラットフォームサービスを意味し、本サービスを構成するサービスの1つです。
  9. 「レビュー」とは、各大学における個々の授業について会員がOrario Reviewに投稿する感想、評価その他の情報を意味します。
  10. 「Orario Note」とは、当社が会員に対し提供する講義ノート販売プラットフォームサービスを意味し、本サービスを構成するサービスの1つです。
  11. 「講義ノート」とは、各大学の個々の授業を受けた会員が作成したノートをデジタルコンテンツ化したものを意味し、個々の授業において配布されるレジュメ・スライドその他当該授業・講義の教授が作成したコンテンツは含まれません。
  12. 「販売会員」とは、Orario Noteを通じて自らが作成した講義ノートの販売の申込みをしている会員を意味します。
  13. 「購入会員」とは、Orario Noteを通じて講義ノートを購入する会員を意味します。
  14. 「Orario Chat」とは、当社が会員に対して提供するチャットルーム提供サービスを意味し、本サービスを構成するサービスの1つです。
  15. 「Orario Timeline」とは、当社が会員に対して休講・補講等の一般的な学務情報や当社ブログ、広告等を一方向的に提供・共有するサービスを意味し、本サービスを構成するサービスの1つです。
  16. 「登録情報」とは、会員が会員登録および本サイトの利用において当社に対して開示した情報の一切を意味します。
  17. 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項により定義された個人情報を意味します。
  18. 「認証情報」とは、登録情報のうち当社が会員からの接続を認証するために必要なOrario アカウントのユーザー名またはメールアドレスおよびパスワードを意味します。

  19. 「退会」とは、本規約により、特定の会員登録を抹消し当該会員契約を将来に向けて解約することを意味します。

第2条 (目的)

当社は、本アプリおよび本サービスの対象となる大学における学生が、学務情報に容易にアクセスすることで有限な大学生活を最大限有意義に活用可能にすること、ならびに、学生間での講義情報の交換を容易にすることで学生の学力向上を図ることを目的としています。当社及び会員は、本アプリおよび本サービスの運営・利用にあたり、各種法令および各大学における規則を遵守し、各大学および各大学に所属する教授の権利を最大限尊重するよう努めるものとします。

第3条 (規約への同意)

  1. 会員は、本規約の定めに従って本アプリを利用しなければならず、本規約に同意しない限り本アプリを利用できません。
  2. 登録希望者が、本アプリをスマートフォンその他の情報端末にダウンロードし、本規約への同意をして本アプリの登録が完了した時点で、登録希望者は会員となり、当該会員と当社との間で、本規約の諸規定に従った会員契約が成立します。なお、未成年の方は、本規約について親権者等の法定代理人の事前の同意を得た上で、本アプリをご利用ください。

第4条 (規約の改定)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更または追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本アプリまたは当社サイトに掲示するものとし、変更があった旨、および、当該変更の内容等について、会員に対し個別の通知は行いません。
  2. 前項に基づき、本規約改訂を告知した日から当社が定める期間(定めがない場合は告知の日から1週間)以内に会員が退会しない場合、当該会員は本規約の改訂に同意したものとみなされ、当該会員と当社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとします。

第5条 (Orario アカウントの取得)

  1. 登録希望者は、会員となる本人に限るものとし、代理人による登録申請は認められないものとします。ただし、本人による登録の場合であっても取得できるOrario アカウントは原則として1つに限るものとし、当社が特に認めた場合を除き1人の利用者が複数のOrario アカウントを保有することはできません。
  2. 登録希望者は、その登録情報の入力にあたり、入力した情報の正確性・真実性・最新性等内容の一切について自ら保証するものとします。
  3. 登録希望者が未成年者である場合には、本アプリの利用の一切につき、親権者等の法定代理人の同意を得た上で本アプリをダウンロードし、法定代理人の同意のもと本アプリの利用を申し込まなければなりません。
  4. 当社は、登録希望者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は登録を承諾しない場合があります。また、会員登録後であっても、会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する事実が判明した場合には、会員登録を取り消すことができます。これらの場合において、当社は登録を承諾しなかった事由または登録を取り消した事由の開示義務を一切負いません。
    • (1)当社に提供した登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
    • (2)当該会員または会員登録希望者(以下総じて「会員等」という)が満15歳未満であった場合
    • (3)登録希望者が既にOrario アカウントを取得していた場合
    • (4)本人確認が取れなかった場合
    • (5)当該会員等が未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意を得ていなかった場合
    • (6)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • (7)登録希望者が過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
  5. 会員が登録に際して当社に提供した利用者の情報については、別途定めるプライバシーポリシー(http://www.orario.jp/privacy/ )等に従って取り扱われるものとし、会員はこれに同意するものとします。
  6. 利用者は、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第6条 (パスワードおよびID・アカウントの管理)

  1. 会員は、Orario アカウントおよび所属大学が発行するIDとパスワードに関して、自ら責任を持って管理に関しての責任は全て会員本人が負うものとします。
  2. 会員は、自己のOrario アカウントを第三者に利用させ、または譲渡、売買、貸与、および当社の承諾を得ない名義変更等の行為をしてはならないものとします。
  3. 当社は、会員によるアカウント・ID・パスワードの使用上の過失、管理上の過失および第三者の利用に伴う損害の一切の責任を負わないものとします。

第7条 (Orario Review)

  1. 会員は、本条および本規約に定めるところにより、Orario Reviewを通じて会員が属する大学の授業のレビューを投稿し、または、投稿内容を閲覧することができます。
  2. 会員は、自ら投稿した書き込み内容に関する責任を負い、当社は当該書き込みに関する責任は一切負いかねます。
  3. 会員は、以下の事由に該当する若しくは該当するおそれがあると思われる書き込み内容は投稿することができません。
    • (1)本サービスの趣旨から逸脱した書き込み内容
    • (2)コンピューターウィルスなど、有害なプログラム・スクリプトの類を含む書き込み内容
    • (3)著作権、著作者人格権、商標権等の知的財産権、プライバシー権等、他者の権利または利益を侵害する書き込み内容
    • (4)他者への誹謗中傷、揶揄、攻撃またはこれに準ずると当社が判断した書き込み内容および当該内容が記載された外部サイトへのリンク等を掲載する書き込み内容
    • (5)同一の人物による同一授業に対して、複数回投票・投稿する書き込み内容
    • (6)自己または第三者の営利を目的とし(特定の企業やサイトに誘導する内容を含む)、または個人的な売買等の取引を持ちかける書き込み内容
    • (7)電話番号、住所等の自己または第三者の個人情報を含む書き込み内容
    • (8)犯罪の奨励や予告、猥褻な表現、差別的な表現または政治的主張を含む書き込み内容
    • (9)評価や評判を意図的に操作する行為、またはそれに準ずると当社が判断した書き込み内容
    • (10)当社の認めない第三者より金品などの対価を受けることを目的として投稿された書き込み内容
    • (11)本サービスまたは当社のサービスを妨げる内容、または妨げる行為により投稿された書き込み内容
    • (12)虚偽の書き込み内容
    • (13)本規約または弊社の他の規約に違反する内容を含む書き込み内容
    • (14)その他公序良俗に反する書き込み内容
  4. 会員がOrario Reviewに投稿した投稿内容に関し発生する著作権は、原則として、会員に帰属するものとし当社がかかる権利を取得することはありません。ただし、会員は、当社に対し、会員コンテンツを本規約の範囲内で当社サービスに関して利用する権利【複製、上演、演奏、上映、公衆送信、公衆伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案(当社が事業目的上必要とみなす範囲で改変する権利を含みます)、またこれらの権利を第三者に再許諾する権利を含みます。】を非独占的かつ退会後も無期限に地域の限定なく許諾するものとし、当社はかかる利用権を取得します。
  5. 会員は、前項が適用される場合において、当社および当社の指定する者に対し、レビューにかかる著作者人格権を行使しないことに同意します。
  6. 会員は、特段の定めがある場合を除き、他の会員のレビューを転載、転用、編集、複製その他一切の利用行為を行ってはならないものとします。
  7. レビューの表示期間および当社による保管期間については、当社の裁量で定めることができるものとし、会員はこれに異議を述べることができないものとします。

第8条 (Orario Note)

  1. 会員は、本条および本規約に定めるところにより、Orario Noteを通じて、作成した講義ノートを有償で販売し、または他の会員が作成した講義ノートを購入することができます。
  2. 会員が作成した講義ノートに関し発生する著作権は、原則として、会員に帰属するものとし当社がかかる権利を取得することはありません。ただし、会員は、当社に対し、会員コンテンツを本規約の範囲内で当社サービスに関して利用する権利【複製、上演、演奏、上映、公衆送信、公衆伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案(当社が事業目的上必要とみなす範囲で改変する権利を含みます)、またこれらの権利を第三者に再許諾する権利を含みます。ただし、本条各項において禁止されている利用行為は除きます。】を非独占的かつ退会後も無期限に地域の限定なく許諾するものとし、当社はかかる利用権を取得します。
  3. 販売会員は、講義ノートが第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権、その他権利を侵害していないことおよび、第三者が権利を有する情報を利用する場合には当該利用について当該第三者から許諾を受けていることを保証するものとします。
  4. 販売会員が他の会員に対して講義ノートを販売する場合は、販売会員と購入会員との間において直接売買契約及び利用許諾契約等の契約が成立するものとし、講義ノートの販売・頒布または購入の場を提供する立場にある当社は当該契約の当事者とはならず、当該契約に関する責任は負いません。
  5. 販売会員は、当該販売会員が販売しようとする講義ノート1部あたりの販売代金(消費税込み)を自由に設定することができます。
  6. 販売会員は、当社に対して、購入会員から支払われる販売代金(決済事業者または収納代行業者から支払われる商品代金に相当する金員を含みます。)を代理受領する権限を付与するものとします。販売会員は、当社が決済事業者および収納代行業者を指定した場合には、当該決済事業者および収納代行業者に対して、商品代金を代理受領する権限を付与するものとします。さらに、販売会員は、当社が決済事業者又は収納代行業者との間で締結する決済サービスに関する加盟店契約により必要となる場合には、商品代金債権を当社に譲渡することに同意します。
  7. 当社は、販売会員が講義ノートを販売することにより発生する各売上金を、当該販売の1ヶ月半以内に、販売会員の各Orarioアカウント内のページにおいて反映・表示するものとします。
  8. 販売会員は、販売会員のOrarioアカウント内のページにおいて反映・表示されている売上金についてのみ振込申請を行うことができます。
  9. 当社は、前項の振込申請を行った販売会員に対し、翌月末日限り、当月末日までの間に振込申請のあった売上金から販売手数料(販売価格の30%)及び消費税を差し引いた残額(以下「販売利益」といいます)を販売会員が指定する口座に振込送金の方法により支払います。なお、振込手数料は販売会員の負担といたします。
  10. 販売会員は以下に該当する講義ノートの販売をしてはなりません。

    • 他人作成の講義ノート(Orario Noteを通じて取得したかどうかを問わない)または他人作成の講義ノートの大部分を転写しただけの講義ノート
    • 当該講義を担当する教授が作成した板書・レジュメ・スライドそれ自体、または当該講義を担当する教授が作成したレジュメ・スライドを大部分転写しただけの講義ノート
    • 前2号に定めるもののほか、第三者の知的財産権、肖像権、名誉・プライバシー権等を侵害する講義ノート
    • その他第7条第3項に列挙されている書き込み内容に準ずる内容を含む講義ノート
  11. 当社は、販売会員が販売する講義ノートが前項各号の講義ノートに該当するおそれがあると判断した場合には、当該販売会員に事前に通知することなく当該販売会員の販売権を停止または中止し、当該講義ノートを削除する事があります。かかる場合、当該講義ノートの販売会員は、当該講義ノートの販売により得た収益を当社に対して当社の定める方法により返還しなければならず、当社は、販売の停止若しくは中止または講義ノートの削除により販売会員に損害が生じた場合であっても、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。
  12. 購入会員は、Orario Noteを通じて購入した講義ノートを、第三者に譲渡、頒布または公衆送信(いずれも有償・無償問いません)することはできません。

第9条 (Orario Chat)

  1. 当社は、Orario Chat上のチャットルームを各期の最初の授業日から各期末まで作成・運営し、会員は、各期中において、本条および本規約に定めるところにより、Orario Chatを通じて、各大学における当期の講義毎のチャットルームにおいて当該講義についての情報を交換することができます。
  2. 当社は、Orario Chat上の各チャットルームを各期末限り削除するものとし、削除されたチャットルームのメンバーであった会員は当該チャットルームにアクセスすることはできなくなります。
  3. 会員は、自ら投稿した書き込み内容に関する責任を負い、当社は一切責任を負いません。
  4. 会員は、チャットルームにおいて、第7条第3項各号に列挙されている書き込み内容に準ずる内容および第8条第7項各号に列挙されている講義ノートに準ずる内容の投稿を行うことができません。

第10条 (Orario Timeline)

  1. 当社は、各大学における学務情報、当社ブログおよび広告をOrario Timelineを通じて適宜RSS等の手段を用いて会員に提供し、会員はこれを閲覧することができます。
  2. 当社がOrario Timelineに掲載する情報のうち大学の学務情報および当社以外の広告に関しては、その内容の正確性・真実性・最新性等内容の一切について当社は一切責任を負いません。

第11条 (保証の否認・免責)

  1. 当社は、本サービスにおいて提供される情報の内容等の正確性に対する一切の保証を行いません。また当社は、会員が本サービスを利用したことに起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本サービスにおいて提供されるすべての情報、画像、書き込み等に、ウィルスなどの有害物が含まれていないこと、および第三者からの不正なアクセスのないこと、 その他本アプリの安全性に関して一切の保証をしないものとします。
  3. 当社は第三者からの著作権侵害の申し出に対して真摯に対応し、知的財産侵害コンテンツの販売停止または中止等の措置を講じるよう努力いたします。
  4. 当社は、会員が本アプリをインストールしたことによるデバイスの不具合に関して一切の責任を負いません。
  5. 本規約が消費者契約法2条3項の消費者契約に該当し、本規約のうち当社の損害賠償責任を完全に免責する規定が適用されない場合において、会員に発生した損害が当社の債務不履行または不法行為に基づくときには、当社が当該会員に対して負う損害賠償責任の上限額は金1万円とします。ただし、当該債務不履行または不法行為に関して当社に故意または重過失がある場合に限ります。

第12条 (退会)

会員が本サービスから退会する場合、本アプリ上においてアカウント削除の手続を行う必要があり、手続完了後、当該会員は退会となります。なお、登録した個人情報は当社の責任において退会手続終了後4年後に破棄いたします。

第13条  (禁止行為・利用停止等)

会員は、本アプリおよび本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為またはそのおそれがある行為をしてはなりません。当社は、以下のいずれかに該当する行為、またはそのおそれがあると判断した場合には、会員に事前に通知することなく、当該情報の削除、Orario アカウントの停止または削除をすることができるものとします。当社が行った措置に関して会員に損害が生じたとしても一切の責任を負いません。

  1. 本利用規約に反する行為
  2. 殺害・虐待・自殺・自殺行為を肯定・勧誘あるいは助長するまたはその恐れのある行為
  3. 公序良俗に反する行為
  4. 当社または第三者の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上の権利または利益を侵害する行為
  5. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
  6. 暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別等による差別につながる表現
  7. 第三者に対する嫌がらせや誹謗中傷行為
  8. 本サービスのサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為また、コンピューターウィルスや有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
  9. 第三者になりすます行為
  10. 反社会的勢力等に対する利益供与や協力・関与行為
  11. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
  12. 第三者の個人情報などを、不正に収集、開示、利用する行為
  13. 本サービスの運営または他の会員の本サービスの利用を妨害する行為
  14. 上記のいずれかに該当する行為を助長する行為
  15. その他当社が不適切と判断する行為

第14条  (サービスの一時的停止・変更・終了)

  1. 本サービスの一時的停止

    本サービスは、以下のいずれかの理由により、会員に事前の通知なく、サービスの全てまたは一部の提供を停止することができるものとします。 サービスの停止による直接または間接に生じた会員または第三者の損失や損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

    • 本サービスに関するサーバー、システム、機器等の保守、点検、修理の作業を行う場合
    • 火災、停電による各サービスの提供ができなくなった場合
    • 天変地異などにより、各サービスの提供ができなくなった場合
    • システムの不良および第三者からの不正アクセス、コンピューターウィルスの感染等により本サービスを提供できない場合
    • 運用上または技術上、各サービス提供の一時的な停止を必要とした場合
    • その他当社が必要と判断する場合
  2. 本サービスの変更

    当社は、あらかじめ会員に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更することができるものとします。またサービスの変更による直接または間接に生じた会員または第三者の損失や損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

  3. 本サービスの終了

    当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、やむを得ない場合を除き、当社は会員に事前に通知するものとします。またサービスの終了による直接または間接に生じた会員または第三者の損失や損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第15条  (広告表示)

当社は、本アプリおよび本サービス上に当社または第三者の広告を掲載することができるものとします。

第16条  (問い合わせ)

本サービスは当社制作サービスであり、大学および大学サービスとは無関係です。本アプリまたは本サービスに関する問い合わせは当社の定める方法により当社に対してご連絡ください。

第17条  (個人情報の取扱い)

当社の収集した個人情報は当社が別途定めるプライバシーポリシーに基づき取扱いを行います。また会員が登録する情報は、当規約および当社が別途定めるプライバシーポリシーに同意の上、登録されたものとします。

第18条 (事業譲渡等の場合の取扱い)

当社が、本アプリ若しくは本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、または合併若しくは会社分割等により本アプリ若しくはサービスに係る事業を承継させたときは、当社は、当該譲渡等に伴い、本会員契約上の地位、権利および義務並びに登録情報その他の情報を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができるものとします。会員は、かかる譲渡及び承継等につき本条において予めこれに同意したものとみなします。

第19条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社および会員は、当該無効若しくは執行不能の条項または部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項または部分の趣旨並びに法律的および経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第20条 (協議・管轄裁判所)

  1. 本アプリまたはサービスに関連して当社、会員、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
  2. 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第21条  (準拠法)

本規約は日本国法に準じて解釈されるものとします。

平成29年4月1日制定